あーべんのカメラと戯言

カメラ、写真、観光情報等を紹介するブログ(^.^)一眼レフ、旅行、工場夜景等。

一眼レフカメラを中古品で購入ガイド。良品を見極める3つのポイント。

ブログランキング・にほんブログ村へ

一眼レフカメラの購入

最初の壁

世はインスタ映えに勤しむSNS時代。

一眼レフカメラは周りに差をつける写真を
撮る為にも必要不可欠なツールの一つ。

しかし、一眼レフカメラを始めようとした時に
誰もがぶち当たる最初の壁•••。


一眼レフカメラ、
めっちゃ高い!∑(゚Д゚)


普通に店頭で買おうとすると、
入門機レンズキットで10万前後が当たり前。

家電の中でもかなりの高級品です。

コンデジが一万円代で買える時代、
余計に高く感じてしまいます(・_・;

安く買うには•••

『これならスマホのカメラで我慢するよ〜(´-`)』

って感じになってしまう方も少なくはないかと。

安心して下さい、買えますよƪ(˘⌣˘)ʃ

もっと安く、
一眼レフカメラを買う方法があるのです。

そう、みんな大好き中古販売!
(*'▽' *)

でも、中古品ってなんだか不安ですよね。

品質面はもちろん、
今の新製品とどのくらい違いがあるのか。

どちらにせよ安い買い物ではないですからね。

そこで今回は、
一眼レフカメラの中古品購入について紹介。

中古品を選ぶ際のポイント等を書いていきます。

※自論の部分もありますのでご了承下さい。

中古品購入ガイド

どこで買う?

私のお勧めはカメラのキタムラ。

店頭にも中古品はありますが、
購入時に見て欲しいのはWebサイトの方。

こちらのサイトでは、
全国の店舗にある中古品を掲載しています。

購入時は別店舗の在庫でも、
近くの店舗まで取り寄せが可能です。
(手数料等も無かったです。)

在庫の豊富さでは
ここが間違いなくオススメです。


良品を見極める3つのポイント

状態ランク

キタムラの中古商品には
状態がランク付けされています。

A、AB、B、Cのランクで分けられており、
Aがほぼ新品でランクが下がる程、
カメラの状態が悪くなります。

オススメはAB以上です。

予算とも相談ですが、
自分が妥協できる範囲で考えましょう。

本体orレンズキット

一眼レフカメラの販売方法としては、
カメラ本体のみの販売と
レンズキット販売の2種類があります。

当然、カメラ本体のみの方が安くなりますが、
別途レンズの購入が必要になってきます。

これは自論ですが、
中古品ならレンズキットが
オススメです\( ˆoˆ )/

これは当たり外れと言う意味では、
レンズキットの方が当たりが多いと思います。

前提として、前述の状態ランクはありますが、
レンズキットは初心者が購入する場合が多いです。

逆に本体のみは経験豊富なカメラマンが
購入する場合が多いです。

この場合、何が気になるかと言うと、
撮影頻度と環境です。

かなりハードな環境下で
使用されていた可能性も懸念されますからね。

そこが防塵防滴仕様品の怖いところ•••。

箱、付属品

基本的にはある方が良いです。

箱や付属品をしっかり残している方は、
大体売る時の事も想定しています。

少しでも価値を下げないようにする為、
同梱品は基本綺麗に残しておくはずです。

私も同様に箱とかは残しておくタイプ。

でも、こういう性格なので、
クローゼットは箱で散乱しがちです(´・_・`)

オススメの製品

中古品なら8〜10年の製品が狙い目。

価格もだいぶお手頃で、
機能的にもまだ現役でいけるくらいです。

キヤノンならEOS 5D MarkⅡ、7D等。

私的にはEOS 60Dが特にオススメ。

バランスの良い名機となってます。

まとめ

私は過去2回、中古品を購入してますが、
上述の自論で当たりは引いています(^。^)

3回目があれば、
また同じ方法で選ぼうとは考えています。

7Dや5DⅡあたりを狙ってますが、
メーカーのサポート期間も考慮ですね。

中古品購入はなかなか勇気がいります。

一眼レフカメラを始める際のハードルが
これで少しは下がってくれば良いかと思います。

カメラに興味ある方は、
ぜひ、ご検討してみて下さい( ^ω^ )