あーべんのカメラと戯言

カメラ、写真、観光情報等を紹介するブログ(^.^)一眼レフ、旅行、工場夜景等。

EOS Kiss M発売!気になる3つの新機能。

ブログランキング・にほんブログ村へ

本日発売!

キヤノンから新発売のミラーレス一眼カメラ、
EOS Kiss M。

キヤノン EOS Kiss M 【EF-M18-150 IS STM レンズキット】 (ブラック/ミラーレス一眼カメラ) EOSKISSMBK18150ISSTM

とうとう本日発売です‼︎


Kissブランドで新たに進化した
キヤノンのミラーレス一眼。

今回はEOS Kiss Mの
気になる3つの新機能について紹介。

これを読んだら買いたくなるかも!?

主な仕様

  • 有効約2410万画素CMOSセンサー(APS-C)
  • 新開発の映像エンジン「DIGIC 8」
  • 最大143点の測距点
  • デュアルピクセル CMOS AFによる高速/高精度なピント合わせ
  • 3.0型バリアングル液晶タッチモニター(約104万画素)
  • 約236万画素のEVF内蔵
  • 4K動画記録に対応
  • 本体色 ホワイト/ブラックの2色
  • 本体サイズ 116.3×88.1×58.7mm
  • 重量 約390g(バッテリー、カード含む)

価格情報

  • ボディ単体 73,500円
  • EF-M15-45 IS STM レンズキット 88,500円
  • EF-M18-150 IS STM レンズキット 122,500円
  • ダブルズームキット 111,500円
  • ダブルレンズキット 104,500円

Kissシリーズに3つの新機能

内臓型EVFでファインダー撮影

ミラーレス一眼という事で、
ファインダーは内臓型EVFが搭載されます。

EVFとは電子ビューファインダーの略称です。

簡単に言うと、小さな液晶モニターが
ファインダーの役割を果たしてくれます。

背面の液晶モニターと同じ映像が
そのまま映し出されます。

このEVFですが、
EOS M3等で使用される外付仕様の物だと
2〜3万円程の金額で販売されてます。

本体込みの金額で考えるとちょいとお得感も♪

撮った写真をスマホへ自動送信

Wi-Fi通信が初めて搭載されたころに比べると、
接続の手間はだいぶ改善されてきました。

NFC、Bluetooth機能のアシストにより、
ほぼワンタッチ接続の状態。

しかし、まだまだ不便に感じるのは、
カメラからスマホへの画像転送。

撮った写真をすぐSNS等に掲載したい時に、
この動作はかなり手間になってしまいます。

そこで今回搭載された新機能が、
撮影時スマホ自動送信。

カメラ側で写真を撮る度に、
スマホ側に写真を自動転送してくれます。

事前にスマホとの
ペアリング設定を行うだけでOK。

これはとても便利!(*゚▽゚*)

『カメラで写真撮る↔︎スマホへ手動転送』
をひたすらループしていた私。

地味にこの機能が一番助かります( ̄∀ ̄)

4K動画撮影

Kissシリーズでは初の4K動画が撮影可能。

従来のフルHDに比べ、4倍の解像度。

高精細で臨場感のある動画が撮影出来ます。

手軽に4K撮影が出来る時代になってきてますね。

また、カメラ上で
4K動画から静止画の切り出しが可能。

小さなボディに技術が詰まっています(o^^o)

おわりに

キヤノンの最新技術を
コンパクトボディにグッと詰め込んだKiss M。

今年のミラーレスバトルを勝ち残れるか、
非常に楽しみです(*^◯^*)