Avenのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

Avenのカメラと戯言 カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

リアルタイムがカギを握る!? AF機能が進化したSONYミラーレスカメラ「α6400」。


ブログランキング・にほんブログ村へ

α6400 ミラーレス

SONYから発表されたAPS-Cミラーレスカメラの新製品「α6400」

小型軽量のエントリーモデルながら、今年のトップバッターに相応しい高機能を搭載。

今回はその特徴について紹介していきます。

特徴

リアルタイム瞳AF

大人気の瞳AF機能がパワーアップ。

追従性や利便性が向上し、さらに使い勝手の良い機能になります。

ファームアップで動物にも対応可能になる予定。

より活躍するシーンが増えそうですね。

リアルタイムトラッキング

こちらは新開発された機能。

被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速検出。

複雑な動きや緩急のある動体を高精度で認識・追尾し続ける機能です。

瞳AFとも連携されており、動画撮影時にも使用可能。

追従性という面ではSONYミラーレスは各社よりも一歩進んでいます。

画像処理エンジン BIONZ X

画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。

フルサイズミラーレスの「α9」や「α7R III」と同世代のものになります。

最大ISO感度102400や最速AF約0.02秒など基本機能も向上。

価格

ボディだけで11万円前後となるようです。

エントリー機の小型ミラーレスとしてはちょっと高級かも?

主な仕様

撮像素子有効画素 約2420万画素
ISO感度 100~32000(拡張102400)
連写 約11コマ/秒
EVF 0.39型(約236万ドット)
液晶モニター チルト式3.0型ワイド液晶(92.1万ドット)
動画 4K/30p、4K HDR
撮影可能枚数 約410コマ
サイズ 約120.0x 66.9x 59.7mm
重量 約403g(バッテリー/カード含む)

対抗馬はEOS Kiss M??

エントリー向けのミラーレスということで、やはりキヤノンの売れっ子は気になるところ。

昨年の売り上げも好調ですしね。

新たな刺客としてエントリー層もαの戦場となるか。

おわりに

今年のCP+に向けて早速動き出した感じはありますね。

発売時期も完全に視野に入れていると思われます。

SONYのα旋風に今年も注目ですね。