Avenのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

Avenのカメラと戯言 カメラ、写真、観光情報等を紹介するブログ(^o^)

キヤノンからフルサイズミラーレスカメラが誕生。新RFマウント搭載「EOS R」。

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:aven11:20180905175934j:plain

ついにキヤノンからも
フルサイズミラーレスが発表!!

ミラーレスカメラ『EOS R』として、2018年10月25日に発売予定。

主な特徴

新「EOS Rシステム」

EOS Rシステムを象徴する大口径RFマウント。

かつてない高画質を実現するために大口径マウント、ショートバックフォーカスを採用。

その内部には、35mmフルサイズCMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 8を搭載。

ミラーレスカメラの新たな可能性を凝縮した1台へと仕上がっています。

RFレンズ

RFレンズの描画性能との連携で、被写体のディテールまでシャープに描きます。

そして肉眼では捉えられない繊細な色彩のグラデーションまで再現。

新マウント通信システムにより、カメラとレンズの通信性が飛躍的に向上。

実現が難しいとされていた光学設計がついに結実。

新たにコントロールリングを搭載、快適な操作性を追求した4本のRFレンズも発売。

  • RF24-105mm F4 L IS USM
  • RF50mm F1.2 L USM
  • RF28-70mm F2 L USM
  • RF35mm F1.8 MACRO IS STM

デュアルピクセルCMOS AF

各画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載。

RFレンズの駆動制御を最適化したことにより、最速約0.05秒の高速AFを実現。

さらに、EOSシリーズで初となるEV-6の低輝度限界を達成。

肉眼では被写体の判別が難しい暗い状況でも高精度なピント合わせを可能にしています。

快適な操作性

高精細で視認性の高い約369万ドットの内蔵電子ビューファインダー(EVF)を採用。

新機能として、マルチファンクションバーやドットマトリクス表示パネルを装備。

今までのカメラには無かった新たな快適な操作性が期待されます。

仕様

記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード
撮像画面サイズ 約36.0×24.0mm
使用レンズ キヤノンRFレンズ群、およびEFレンズ群※マウントアダプター併用
レンズマウント キヤノンRFマウント
撮像素子形式 CMOSセンサー(デュアルピクセルCMOS AF対応)
カメラ部有効画素 約3030万画素
画像タイプ JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自:.CR3)RAW+JPEG同時記録可能
フォーカス方式 デュアルピクセル CMOS AF方式
AFフレーム選択可能ポジション 最大5655ポジション
自動選択時AFエリア分割数 最大143分割
タッチ&ドラッグAF 可能
瞳AF 可能
測距輝度範囲 EV-6~18(F1.2、常温・ISO100・ワンショットAF)
シャッター 電子制御式、フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード 1/8000~30秒
ISO感度 ISO100~40000
連続撮影速度 最高約8.0コマ/秒(ワンショットAF時)
シンクロ端子 なし(バッテリーグリップ BG-E22側に搭載)
動画記録サイズ 4K・UHD、フルHD、HD
その他動画モード ハイフレームレート動画(HD)、HDR動画撮影時(フルHD)、タイムラプス動画撮影時(4K/フルHD)
モニター形式 TFT式カラー液晶モニター(約210万ドット)
ファインダー形式 有機ELカラー電子ビューファインダー(約369万ドット、視野率約100%)
デジタル端子 SuperSpeed USB(USB3.1 Gen1)相当、USB Type-C
無線通信機能 Wi-Fi,Bluetooth
使用電池 バッテリーパックLP-E6N/LP-E6、1個
USB充電 LP-E6Nのカメラ内充電が可能
大きさ 約135.8(幅)×98.3(高さ)×84.4(奥行)mm
質量 約660g(バッテリー、カードを含む)/約580g(本体のみ)

価格

価格は本体のみで237,000円。

感覚麻痺してるのか、少し安く見える(-_-)笑

おわりに

キヤノンの本気もついに解禁。

フルサイズミラーレス戦線はさらに加速していく様子。

ミラーレス事業でもキヤノン、ニコンがソニーを捉えるか!?