Avenのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

Avenのカメラと戯言 カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

フルサイズミラーレスカメラを買う前に確認しておきたい3つのこと。


ブログランキング・にほんブログ村へ

フルサイズミラーレスカメラを買う前に

2019年も注目のフルサイズミラーレスカメラが続々発売。

この機会にカメラを買い替える方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回はフルサイズミラーレスカメラを買う前に確認しておきたい3つのことについて書いていきます。

カメラ買い替えのパターン

フルサイズミラーレスに買い替える方には色々なパターンがあると思います。

  1. フルサイズ一眼レフからフルサイズミラーレスへ
  2. APS-C一眼レフからフルサイズミラーレスへ
  3. APS-Cミラーレスからフルサイズミラーレスへ

買い替えだと大体この3パターン。

ハイエンドモデルLUMIX S1への買い替えだと1が多くなりそう。

EOS RPなど廉価版への買い替えは2,3の方が多いはずです。

業界的にも今年はミラーレス人口増加が見込まれており、各メーカーの特色に合わせてユーザーが流れていきそうです。

さすがにEOS RやZ6/Z7など昨年のモデルから買い替える方は少ないでしょう。

買う前に確認しておきたい3つのこと

手持ちレンズ

フルサイズミラーレスのカメラ本体はなかなか良い値段します。

廉価版のEOS RPでも約16万円。

さらに専用レンズ購入となると、予算は倍以上見ておく必要があります。

RFレンズなんて、カメラより高くて重いですからね(=▽=; )

買い替え直後に活躍するのはやはり手持ちのレンズ。

フル一眼→フルミラーレスの人はマウントアダプターさえ買えば問題無し。

問題は先ほどのパターン2,3にあたるAPS-Cからの買い替え。

EF-SやSIGUMAのDCシリーズなど、APS-C専用レンズしか持っていない場合は要注意です。

EOS Rなどはクロップ撮影(1.6倍)あるのでレンズ自体は使用可能。

しかし、せっかくのフルサイズセンサーが活かされないので、やはりフルサイズ対応レンズが欲しいところです。

重さ

ミラレースにする目的の一つとして、機材の軽量化を考えている方も多いはずです。

ミラーレスといえば小型軽量なイメージ。

ただし、フルサイズとなると思ったよりも大きいサイズのカメラが多くなっています。

一眼レフカメラの同スペック機種に比べると100〜200g軽い場合もあります。

しかし、マウントアダプターを使うとほぼ同等の重さになる場合もあります。

例)
EOS Rにマウントアダプターを取り付けると、EOS 6D Mark Ⅱより重くなる。

軽量化目的ならある程度機材のシミュレーションは必要かもしれません。

主な被写体

自分が撮影する主な被写体は何でしょうか?

私の場合は夜景、風景など静止しているものを撮る機会が多いです。

私のようなパターンの方にはフルサイズミラーレスカメラはオススメですね。

EVFで事前に明るさの確認もできるし、フルサイズで暗い場面にも強いです。

注意が必要なのはスポーツ、乗り物など動く被写体を撮影する場合です。

基本、ライブビューでの撮影となるので、映像化されるまでにどうしてもタイムラグが発生してしまいます。

周りにも乗り物撮る方が多いのですが、前評判だけで購入して後悔している方も少なくありません。

タイムラグのせいか、ピントがズレて撮影されることが多発しているみたいです。

ある程度は連写とかで乗り切れるようなのですが、一眼レフカメラに比べるとまだまだ信頼性は低いようです。

自分の撮影スタイルなども考慮して検討することが必要そうです。

おわりに

フルサイズミラーレスにもまだ課題は多く残されています。

万能型ではないという認識は持っていなければいけませんね。

フルサイズミラーレスをこれから購入される方は、今回紹介した3つのことを確認しておきましょう。

せっかく買ったカメラなら楽しんでほしいですからね(^v^)