あーべんのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

これからの一眼レフカメラに欲しい3つの機能。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ミラーレス時代到来と言われている2018年。

SONYのα7Ⅲを筆頭に、
CanonのEOS Kiss Mらが躍動中。

古豪の一眼レフカメラが
頂点に君臨し続けるには何が求められるのか?

今回はこれからの一眼レフカメラに欲しい
3つの機能について紹介。

これからの一眼レフカメラに欲しい機能

瞳AF

人物撮影時、カメラに近い方の瞳に
自動でピントを合わせる機能。

被写体を人に特化した場合、
この機能で簡単にプロテクを再現出来ます。

瞳にピントなんて、
手動でやったら何分掛かるやら(;´Д`A

画像は富士フイルムHPより引用
瞳検出AF : AFモードの種類 : AFシステムスペシャルサイト|FUJIFILM

人物のシャッターチャンスなんて、
ほんの数秒あるか無いか。

最高の瞬間を逃さない為にも、
この機能は必須になってくると思います。

そのうち、〇〇AFみたいな感じで
色んなピント合わせ機能も出て来るかも。

ワンちゃんAF猫ちゃんAFなんかは、
需要高いと思いますよʕ•ᴥ•ʔ

スマホへの画像自動送信

これはもう常備して欲しいくらいですね。

スマホはデータベースみたいな物ですし、
余計な手間が減るのはとても助かります。

一眼レフで撮影→スマホで編集→SNS投稿

手動での画像送信が無くなるだけで、
とてもシンプルな流れになります(´∀`*)

この機能はカメラとスマホが共存する為の
重要な機能ではないかと思っています。

外観カスタム機能

これは上記2つとはまた違った観点から。

スマホに比べると一眼レフカメラは、
外観デザインの拡張性が乏しいと思います。

スマホの醍醐味の一つは、
ケースやアクセサリーの装着で個性を演出出来る事。

私もiPhoneを使い始めた当初は、
iFaceのケースを使って個性をプチ演出。

iFace First Class Standard iPhone8 / 7 ケース 耐衝撃 / ブラック

iFace First Class Standard iPhone8 / 7 ケース 耐衝撃 / ブラック

コンパクトが売りの4Sを
拡張どころか拡大させて使っていました(*´꒳`*)

•••まあ、そう言った感じで、
そろそろデザイン面でも拡張性が必要なのでは?

そういう意味ではスポット的に成功してるのは、
ミラーレスのフィルム機風デザイン等ではないかと。

参考)ペンタックスのオーダーカラー

ちなみにペンタックスでは、
オーダーカラーが出来る製品もあります。


画像はリコーHPより引用
カラーバリエーション / K-50 / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING

ここまで出来るメーカーは、
現実的に見ると少ないかも。

外観の品位や質感もあるだろうから、
ハイエンド機種は厳しいかな(`・ω・´)

ミラーレスは一歩先へ?

紹介した殆どの機能が、
ミラーレスカメラでは出来ている状態。

ここ最近でミラーレスに追加された機能だけに、
ミラーレスの方が充実して見えてしまう現象に。

まずは標準機能面で横並びして貰ってからが、
本当の勝負になりそう。

便利機能が先行してしまったミラーレス時代に
一眼レフカメラのアピール方法が鍵となります。

おわりに

求められる事は今の文化にあった装備ですからね。

もちろん以前とは比べ物にならないくらい、
カメラの進化は進んでいます。

今の需要にマッチング出来るかが、
今後の戦いを制するポイントになりそうです。