Avenのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

Avenのカメラと戯言 カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

2019年発売のミラーレス一眼カメラに期待したい3つのこと。


ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:aven11:20181216103240j:plain

2018年も残り半月となりました。

今年はミラーレスの話題一色だったカメラ業界。

今後の製品ラインナップにも色々な期待が掛かっています。

そこで今回は、新製品への期待を込めた記事を投稿。

2019年発売のミラーレス一眼カメラに期待したい3つのことについて書いていきます。

2019年発売ミラーレスに期待したいこと

各社の個性で勝負!

今年のトレンドは、フルサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ。

各社が「ミラーレス」「フルサイズ」の2つを軸に新製品開発・発表を行ってきました。

というか、この二つが絶対的に必要な空気感があった様な気もします・・・。

結果、大手三社の「フルサイズミラーレス」導入が本格化することになりました。

その中で、独自性を出してきたのが、富士フイルム。

中判サイズのCMOSセンサー搭載など、他社とは違う武器を備えて勝負してきました。
(フルサイズはやらないとも言ってるみたいですし)

2019年は富士フイルムの様にメーカー独自路線での特徴・機能力を前面に出して欲しいところです。

今、私個人が思い浮かぶ各社のミラーレスの特徴としてはこんな感じです。

キヤノン バリアングル液晶、RFレンズ強し
ニコン 高画素との2パターン、F0.95レンズ出すよ
ソニー ミレーレス特化、電気系強し
富士フイルム 中判サイズ、クラシック
パナソニック ライカ・シグマ共同

来年はこのイメージがどう変わっていくかも個人的には楽しみです。

www.aven11.net

高画素モデルとの2パターン化

最近のフルサイズ機の発売傾向としては、標準モデル高画素モデルの2パターンで勝負することが多いです。

直近だとNikonのZ6/Z7が該当します。

EOS Rも来年に高画素モデルの発売が噂されているところです。

一方で、カメラ本体の価格帯としては20万〜40万円と高価になりがち。

庶民派な私にはなかなか手が出しにくいですね。

カメラ業界自体が販売台数の減少に合わせて、高級志向になっていることも関係しているかと思います。

浸透させていくことを考えたら、廉価版のフルサイズミラーレスなんかも需要ありそうな気がするんですがね。

EOS Kiss系のスペックでセンサーだけフルサイズとか。

メーカーとしては、フルサイズの敷居が下がるから回避したいのでしょうか?

開発費とかも抑えられそうな気はするし、是非挑戦して欲しいところですね。

www.aven11.net

後継機の存在

今年の顔としては、やはりSONYのα7Ⅲ

Ⅳ型発売への期待は隠し切れませんね。

やはり、2019年のCP+あたりでブチ込んでくるのでしょうね。

他メーカーとしては、SIGMA、ライカと同盟を組んだパナソニック

三社共同の力を是非見せて欲しいところです。

www.aven11.net

関連商品

Canon ミラーレス一眼 EOS R BODY

Canon ミラーレス一眼 EOS R BODY

FUJIFILM 中判ミラーレス一眼 GFX 50R

FUJIFILM 中判ミラーレス一眼 GFX 50R

おわりに

2019年もカメラの話題は尽きなさそうですね。

まずはCP+といったところでしょうか。

良い年になることも期待したいです♪