あーべんのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

あーべんのカメラと戯言 カメラ、写真、観光情報等を紹介するブログ(^o^)

説明書は一読すべし!?一眼カメラの機能設定に注意。

ブログランキング・にほんブログ村へ

はじめに

電化製品を買って一番初めにする事は?

そう、開封の儀‼︎ですね。


箱を開ける瞬間が一番たまりません(о´∀`о)

まるで歴史的発見をしたかの様な、
ドキドキワクワクが止まらないのです♪

でも、今回言いたいのはその後の事。


そう、説明書を読む‼︎‼︎ですね。


私が子供の頃は当然のように
説明書を読破してから電源オン、でした。

未知の機械に下調べ無しで触れる程、
知識も度胸もありませんでした。

電化製品の進化?

電化製品は機能こそ年々進化を遂げています。

しかし、
基本的な操作方法はほぼ同じままです。

例えばカメラだけでなく、
テレビ、スマホ、電子レンジ等、
直感的に操作出来る物が多く普及しています。

その為、大抵の人は説明書無しでも
家電をある程度使いこなしてしまうのです。

説明書の電子化

さらに最近の電化製品は
説明書の電子化が進んでいます。

製本自体が付属してないという、
説明書離れまで訪れてしまっています。

キヤノンのコンデジについては、
製品箱がiPhoneと同じ箱サイズくらいまで
小型化してる物もありました。
(IXYシリーズとか)

最近は「取説はHP参照」みたいな
風潮が増えてきています。

読む事は必要‼︎

でもね、こんな時代だからこそ、
説明書はしっかり読んだ方が良いです。

一眼カメラの機能設定って、
項目が多くてとても大変。

ちょっとした設定で、
写真の出来上がりに影響してしまう事が
色々あります。

そんな一眼カメラ設定の中から、
私が後々間違いに気付いた設定項目について紹介。

今回はキヤノンのカメラにある
ピクチャースタイルについての事例を載せています。

一眼レフもミラーレスも
共通の内容になりますのでご参考に。

ピクチャースタイルの『忠実設定』に注意‼︎

ピクチャースタイルとは

ピクチャースタイルとは
被写体やシーンに合わせて
作風や仕上がりを調整してくれる機能です。

ソニー製品のαシリーズ等では
クリエイティブスタイルと呼ばれてる機能です。

いくつか種類があり、
オートまたは自分で選んで使用出来ます。

例えば『ポートレート』だと人物撮影、
『風景』だと山等の撮影に適した
調整を行ってくれます。

コントラストや色味、
シャープネス等を自動で調整しています。

『忠実設定』

このピクチャースタイルの中に
『忠実設定』と呼ばれるものがあります。

名前だけ聞く限りだと、
見たまま撮れるとか、
高画質な印象が感じられます。

しかし、実際は少し違います。

『忠実設定』はPCでの編集を加味した設定で、
色味の調整はしてますが、
ディテールが弱くなります。

その為、
メリハリが少し控えめな写真になります。
(若干ピントが合ってない様にも見える事も)

私はこれで何枚かミスって、
ちょっとボヤッとした印象に•••。

結局編集で対応しています(T ^ T)

ちなみに私の友人も同じ『忠実設定』を使い、
ピントがどうしてもズレると
一人で騒いでいた事がありましたヽ( ̄д ̄;)ノ=3

説明書には•••

『忠実設定』に関しては、
説明書にもちゃんと書いてました(-。-;

感覚だけで使うと、
後々後悔する事をここで学びました。

また、同様にピクチャースタイルの
『ニュートラル』も『忠実設定』とほぼ同じ内容。

ディテールは少し控えめです。

使い分けに気をつけましょう。

おわりに

説明書をしっかり読む事が、
一眼カメラを使いこなす事にも繋がるのです。

また、分からない事は
すぐに詳しい人に聞くか調べるべきですね(^^)

他の事例もありますので、
また別の機会に紹介していきます。

正しい設定で楽しく写真を撮りましょう♪
(*^◯^*)