Avenのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

Avenのカメラと戯言 カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

ミラーレスカメラのEOS Kiss Mが売れた4つの理由。


ブログランキング・にほんブログ村へ

キヤノン EOS Kiss M 【EF-M15-45 IS STM レンズキット】 (ホワイト/ミラーレス一眼カメラ) EOSKISSMWH1545ISLK

2018年で一番売れたミラーレスカメラ、キヤノンのEOS Kiss M

昨年はフルサイズミラーレス機が躍進の中、なぜ従来の小型ミラーレスがここまで売れたのか。

今回は個人的に分析した内容を紹介していきたいと思います。

売れた理由

コスパの良い価格

一番は価格設定。

旬のフルサイズミラーレスは20万円を超える価格帯。

これに対し、10万円以下で勝負できたことが良かったと思います。

ボディだけなら数万円とコンデジより若干高い相場となりました。

エントリー機として出した面もありますが、結果としては多くのユーザーに人気が出たということになります。

小型・軽量

約387gとミラーレスのメリットを活かしたサイズ感。

実用性を考えた時に軽くて悪いことは何もないですからね。

旧シリーズのEOS M5/M6と比べても少し軽くなってます。

機能が最新

DIGIC8を搭載。

4K動画対応など、エントリー機に最新機能を多く取り込んでいました。

これが物欲を刺激。

コスパの高さもさらに際立つ結果となっています。

実際、使用していて本当に良いカメラと感じることも多いです。

Kissシリーズ化

EOS Mシリーズからの脱却。

歴史や実績のあるKissシリーズ化することで、一眼レフユーザーの注目も浴びたようです。

何気に効果は高かったのかも知れないですね。

フルサイズを活かすのはAPS-C機?

ミラーレス化が進む中で、話題の中心はフルサイズミラーレスにあります。

その中で土台となるのはAPS-C機など小型ミラーレス。

世間に浸透する役割としては重要なポジションではないかと思います。

フルサイズの良いところも悪いところも、APS-C機が無いと分からないですかね。

期待される「2」の存在!?

昨年のヒットからやはり期待がかかるのは後継機種。

発売周期から考えると今年はさすがに無さそうですね。

APS-C機の上位機種なら可能性はありそう。

となると、EOS M5のKissシリーズ化もあり得る??

関連リンク

www.aven11.net
www.aven11.net

おわりに

長年に渡りヒットしていきそうなEOS Kiss M。

暫くはエントリー機最強として居座りそうですね。

良いカメラなので是非オススメです。