Avenのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

Avenのカメラと戯言 カメラ、写真、観光情報等を紹介するブログ(^o^)

フルサイズミラーレスが選ばれる理由をまとめてみた。


ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:aven11:20180927233921j:plain

今回はカメラ業界のトレンドとも言えるフルサイズミラーレス一眼について紹介。

なぜ今、これほど話題になり人気があるのか、その理由をまとめてみました。

フルサイズミラーレスが選ばれる理由

高画質なフルサイズCMOSセンサー

まずフルサイズと呼ばれているのは、カメラに搭載されているCMOSセンサーの大きさを表しています。

キヤノン等がこれまで発売していたミラーレスは、APS-Cと呼ばれるサイズのセンサーを使用。

メーカーによって微妙にサイズの違いはあるが、キヤノン製品で比較すると、フルサイズはAPS-Cの約2.5倍の大きさ。

f:id:aven11:20180902093136j:plain

キヤノンHPより引用
キヤノン:キヤノンホームページ

センサーサイズが大きいフルサイズのほうが、繊細な描写や暗い場所での撮影が得意になります。

背景がボケやすく、暗い場所にも有利。

広角向けで自然や景色をワイドに撮影できます。

まさに良いことづくし(>▽<)

逆に、望遠側での撮影はAPS-Cの方が有利とも言われています。

(焦点距離が稼ぎやすいから、等)

撮影結果が分かる電子ファインダー

これまでの一眼レフカメラは光学ファインダーを搭載。

レンズから入った光がファインダーを通して見える為、撮影結果と同じ構図が確認できます。

しかし、実際に撮影される画像は映像処理や設定により、明るさや色味などが異なってしまいます。

これを解消したのが、ミラーレスカメラに搭載されている電子ビューファインダー(EVF)。

ファインダーには液晶画面のライブビューと同じ映像が映し出される為、
撮影結果と同じ明るさや色味が確認することができます。

露出の確認が見た目で分かるので、失敗が減り、貴重なシャッターチャンスを逃しません。

軽量コンパクト

同クラスの一眼レフカメラに比べると、かなりコンパクト。

ボディの剛性等は強い為、重さは比較的ではあるが、軽くなっています。

元々、ミラーレス特有のメリットではあります。

スペックが一眼レフと同等になってくると評価するポイントにはなってくるのかと。

どうしても、カメラ+レンズでまあまあな重さにはなるので、軽量化はメリットしかありませんね。

結局、一眼レフとどっちが良い?

正直、好みと言わざる終えないレベルになってきています。

つまりそれは、ミラーレスが一眼レフに追い付いてきてるから、比較しがたいとも言えることにもなります。

決め手はやはり、ファインダー機構ですかね。

電子化で賛否が別れるところ。

私はまだ一眼レフ派ではありますが、数年後にはどうなっていることやら(-_-)

おわりに

波に乗るならフルサイズミラーレスです。

自分に合ったものなのかは、見極めが必要ですね。