Avenのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

Avenのカメラと戯言 カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

キヤノンRFの大三元レンズが遂に揃い踏み!! オススメのポイント紹介。


ブログランキング・にほんブログ村へ

RFレンズ RF70-200mm F2.8 L IS USM

11/21にRF70-200mm F2.8 L IS USMが発売。

これでキヤノンのRFレンズにも大三元レンズが揃うことになります。

◆RFレンズの大三元レンズ

  • RF15-35mm F2.8 L IS USM
  • RF24-70mm F2.8 L IS USM
  • RF70-200mm F2.8 L IS USM

EOS Rシリーズのラインナップもこれで拡充され、より撮影の幅が広がっていきます。

今回はこのRF大三元レンズの特徴について、オススメのポイントを紹介していきます。

RF大三元レンズの特徴

EFレンズ以上の高画質

最新の光学設計に加え、ショートバックフォーカス機能から一眼レフ以上の高画質が期待できます。

少なくとも従来の大三元レンズ相当以上は間違いなし。

・・・それなりのお値段なのも納得できるはず!?(= =)

手振れ補正機能付き

従来のEFレンズシリーズでは、F2.8ズームの一部は手振れ補正機能が付いていませんでした。

大口径にIS付きとなると、形状的に利便性がないから付けなかったと思われます。

今回の大三元は全て手振れ補正機能付き。

しかも最大5段分の補正効果がるので、大抵のシーンは手持ち撮影でまかなえますね。

従来よりも小型化?

Rマウントのカメラで使う前提ではありますが、
従来の大三元レンズ+EFレンズ用のCR付アダプターを使う場合よりも小型・軽量化されています。

それが顕著に現れているのがRF70-200mmですね。

このスペックで約1kg、標準ズームとほぼ変わらない長さ。

3本の中でも最も魅力があります。

便利なコントロールリング搭載

RFレンズといえばコントロールリング機能。

露出補正などの機能を割り当て可能なので、より快適な操作性が期待できます。

関連リンク

Canon RFレンズ RF24-70mm F2.8 L IS USM

Canon RFレンズ RF24-70mm F2.8 L IS USM

RFレンズ RF70-200mm F2.8 L IS USM

RFレンズ RF70-200mm F2.8 L IS USM

おわりに

RF大三元を中心に新たなキヤノンレンズ群が登場していくのでしょうかね。

マクロレンズや魚眼レンズのRF版も期待したいです。