Avenのカメラと戯言

カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

Avenのカメラと戯言 カメラに関する話題を紹介するブログ。一眼レフ/ミラーレスカメラ新製品、工場夜景写真、おすすめの観光スポット情報等。

コスパ最強の神レンズ!SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM。


ブログランキング・にほんブログ村へ

一眼レフカメラのレンズは高くて買えない!!

沼落ちしていない人の悩みはやっぱりコスト問題。

出来れば安くて綺麗に撮れるレンズを使いたいですよね。

そこで今回はコスパ最強なレンズを紹介。

『SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM。』
SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545

SIGMAの中でも神レンズと呼ばれる人気製品です。

その特徴や魅力について書いていきたいと思います。

特徴

ズーム全域で開放F2.8

通常のズームレンズではズーム位置によって絞りの開放F値が変わってしまいます。

例)
キヤノンのEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMの場合・・・

焦点距離 開放F値
18mm(広角側) F3.5
55mm(望遠側) F5.6


設計上、望遠側では明るい開放値が得られにくいです。

しかし、このSIGMAのレンズなら広角・望遠どちらも開放F2.8で撮影することが可能。

ズーム全域で明るく撮影することが出来ます。

また、F2.8の背景ボケも魅力的。

これ一本で幅広く活躍してくれます。

コンパクト設計

大口径ながら500g台のコンパクト設計。

APS-C専用設計のメリットでもありますね。

旅行にもオススメの一本です。

高速AF

超音波モーター「HSM」を搭載。

キヤノンでいうUSMですね。

AFの合焦スピードが高速化され、音も静かです。

シャッターチャンスに強く、静音で快適に撮影出来ます。

手振れ補正

手ブレ補正「OS」機構を搭載。

約4段分の補正効果が得られます。

暗いシーンでも手持ちでガンガン撮影が可能です。

価格

投稿時点での相場は3万円前後。

中古品なら2万円前後でも手に入ります。

キヤノン純正の同スペック品は10万円前後するので、コスパ面では圧倒的にお買い得。

主な仕様

レンズ構成 13群17枚
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
最小絞り F22
最短撮影距離 28cm
最大撮影倍率 1:5
フィルターサイズ ⌀77mm
最大径×長さ ⌀83.5mm×91.8mm
質量 565g

作例

SIGMA 17-50mmF2.8で撮影した作例1
SIGMA 17-50mmF2.8で撮影した作例2
SIGMA 17-50mmF2.8で撮影した作例3

使用レビュー

標準レンズとしても最強

文句無しのスペックを備えています。

コスパ良し、画質良し、ボケ良し。

これ一本あれば標準域で困ることはありませんでした。

フルサイズ非対応が残念

設計的には仕方無いですが、それだけ惜しい部分です。

EOS R等でクロップ機能を使えば活躍はしてくれそうですが。

コンパクトミラーレスとは愛称は良さそうです。

関連リンク

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用 APS-C専用 583552

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用 APS-C専用 583552

おわりに

令和になってもコスパ最強は暫くこのレンズでしょうね。

後継製品の登場も期待したいです。

初心者のステップアップとしてもオススメしたいレンズです。

興味があれば是非お試しください(*^^*)